サッカーのドリブルの基本って利き足で蹴るの?

スポンサーリンク

サッカーのドリブルといえば、

「利き足で蹴るのが基本」と教えている所が、

多いようですね。

しかし、本当にサッカーのドリブルは、

利き足で蹴らなければならないものなのでしょうか?

この疑問に答えるべく、

今回はサッカーのドリブルと利き足の関係について、

考えてみることにしました。

スポンサーリンク

サッカーのドリブルの基本って利き足で蹴るの?

結論から言えば、サッカーのドリブルは、

スピードに乗っている時ほど、利き足で蹴ったほうが良いです。

理由は、下手に両足を使おうとすると、

ボールタッチの際に迷いが生じるからです。

意識するか、無意識かはここでは重要ではありません。

問題は少しでも「どちらでタッチしようかな?」

と思ってしまうところです。

少しでもボールタッチをする足を迷ってしまえば、

その迷いから、ドリブルスピードの低下を招いてしまうのです。

速いドリブルの基本は片足で

では、速いドリブルは片足で行うとして、

もう一つ、利き足でドリブルする際に守ることがあります。

それは「一定のリズムを保つこと」です。

例えば、2歩で1回とか、4歩で1回など、

あらかじめ走る歩数とタッチする回数を決めておきます。

すると、いざドリブルをする際に、

ボールタッチの迷いがなくなるのです。

両足ドリブルは慣れてきたり細かい場面で使う

しかし、僕自身は両足ドリブルは否定するわけではありません。

両足でドリブルすることで、

色んなフェイントを掛けることが出来ます。

特に細かいテクニックを駆使して相手をかわす場合は、

両足でドリブルできた方が、有利に働きます。

ですので「基本は利き足を練習してから」ということですね。

サッカーのドリブルの基本って利き足で蹴るの?
最後までお読み頂き、ありがとうございました!
良ければSoccer-dribblerの最新情報を、 いいねしてチェック!

スポンサーリンク

関連記事はこちら!