サッカーのドリブルが上手い人は腕を使ってドリブルする!?

スポンサーリンク

サッカーが上手いドリブラーといえば、

「足技が凄い優れている選手」という風に思う方も、

多いのではないでしょうか?

しかし・・・。

実はドリブルが上手な選手は、

足技だけではなく、腕もかなりの割合で使っていることを、

あなたはご存知でしょうか?

ここでは「ドリブルの上手い選手は腕を使う」ということをテーマに、

書いていきます。

スポンサーリンク

サッカーのドリブルが上手い人は腕を使ってドリブルする

ドリブルの上手い人は、手も結構使用します。

その前にまず、ディフェンスの行動について、

ある程度理解しておきましょう。

これはサッカーをやっている人であれば知っていることなのですが、

ディフェンスの基本は、

ボールとドリブルしている選手の間に入ることです。

なぜなら、ドリブルしてる選手とボールの間に入ってしまえば、

ボールは自分の内側にある状態になります。

この状態まで持っていけば、

ほぼディフェンスの勝ちです。

無理にドリブルしてる選手が後ろからつつけば、

ファールになります。

なので、よくディフェンスが相手選手に当たっている光景は、

相手に当たるというよりは、

隙間に入ろうとした結果当たる…という方が近いのです。

ディフェンスを手で上手く跳ね除ける

さて、ここまででディフェンスの動きがわかったと思いますが、

ここでドリブルの上手い人は何をやるかというと…。

手をうまく使って、相手に内側を取らせないようにします。

例えば、ドリブルして間に入ろうとした選手を、

斜め前に押し出したりですね。

しかし、これを聞いて単純に

「手で押せばいいのか!」と思ってる人も多いのですが、

それだけでは不十分です。

重要なのは「相手の力を利用して、相手選手のバランスを崩すこと」です。

全力で当たってきた相手を片手で押し返すのは、

あまりに無謀です。

しかし、相手の力をうまく利用することで、

あまり力を使用せずとも、バランスを崩しやすくなるのです。

では、ドリブルのうまい選手は、

具体的にどんなことをやっているのか?

例えば、斜め後ろから当たってきた相手を、

斜め前に押し出したりしています。

そうすれば、相手はこちらに当たりに来てるわけですから、

その勢いで斜め前に倒れる…というわけです。

他にも、色んな腕の使い方をして、

相手選手の力をうまく利用して。

あるいは、相手の動きを封じながらドリブルをしています。

以下、参考動画をば。

→サッカードリブル・腕の使い方

どの選手も、上手く腕を使ってますよね。

実際に体得するのは経験が必要だと思いますが、

ドリブル上達を目指すのであれば、練習してみるのもありかと。

サッカーのドリブルが上手い人は腕を使ってドリブルする!?
最後までお読み頂き、ありがとうございました!
良ければSoccer-dribblerの最新情報を、 いいねしてチェック!

スポンサーリンク

関連記事はこちら!