サッカーボールの空気圧の公式規定値と実際の数値はどれくらいか?

スポンサーリンク

空気をしっかりと入れたつもりのボールを持たせて、

子どもが通っているサッカークラブに付き添いで行ったところ、

クラブの指導者から

「もっとちゃんと空気を入れてきてください!」と言われてしまって、

“しまった…”と思ったことって、ありませんか?

サッカーボール空気圧は、どれくらいが良いのでしょうか

決められている公式規定値があって、その通りに入れれば良いのでしょうか

サッカーボールが使われる状況によって

空気圧調整するというようなこともあるのでしょうか

スポンサーリンク

サッカーボールの適正空気圧はボールに記載してある!

サッカーボール適正な空気圧の数字が、

そのボールの表面に記載してあるということをご存知でしたか?

あなたの持っているボールが、JFAのマークが付いている“検定球”でしたら、

空気穴の周りの部分をよく見てみましょう

“0.6-0.9ber” “600-900hPa” “8.70-13.05LBS/PSI”

などといった数字が書いてあると思います。

(私の持っているモルテン製のボールには、このように書いてありました。)

これらは、そのボールの使用に適した空気圧の数字が表記されているのです。

ber(バール)”、

hPa(ヘクトパスカル)”、

PSI(ポンドスクエアインチ=ポンド平方インチ)”は、

いずれも圧力を表す単位で、

1ber=1000hPa=14.504PSIに換算されます。

ボールの空気圧を空気圧計で測定して

こうしたボールに表記されている数値の範囲内に入っていれば

そのボールは適正な空気圧だと言えるわけです!

では、持っているボールがにこうした記載がない場合は、

どのような空気圧にすれば良いのでしょう?

サッカーボールの空気圧は規則で定められている!

サッカーボールの空気圧は、

国際サッカー評議会が毎年制定している

“サッカー競技規則”の中に、公式に規定されています。

そこには、“空気圧は、海面の高さの気圧で、

0.6~1.1気圧(600~1100g/㎠:8.5~15.6ポンド/平方インチ)”

と書かれています。

そして、JFA(日本サッカー協会)が定めている“検定球”の規格には、

空気圧についての数値に関する規格は個別に設けずに、

“サッカー競技規則に定める規格に合致していること”と記されています。

前述の、サッカーボールの表面に記載されている空気圧の数字は、

このサッカーの規則で定められた空気圧の、範囲内の数値になっているはずです。

もし、ボールの表面に数値の記載がない場合でも

この規則の数値の範囲内の空気圧にしておけば

サッカーのルールにおいて適正な空気圧ということになります!

プロの公式試合は高めの空気圧のボールを使う!

では、プロリーグや国際大会などの

公式な試合で使用されているサッカーボールの空気圧の実際の数値は、

具体的にどれくらいなのでしょうか?

プロの試合や各国代表の国際マッチは、天然芝のピッチで行われるので、

ボールは芝用の、

天然ゴム製のラテックスチューブが中に入っているボールが使われます。

ラテックスチューブのボールは、弾力性に優れていて、

空気圧を高めに入れても硬く感じることなく使うことができます

柔らかい芝のピッチでも弾みやすく、

よく飛ぶことでスピーディーなゲームができるように、

空気圧は規則の上限に当たる1.1気圧(およそ1.1ber:1100hPa)程度の

高い数値にされていることが多いようです。

ただ、ラテックスチューブは空気が抜けやすいため、

ボールの空気圧は試合前やハーフタイムに厳密にチェックされて、

適正な値のボールだけが使われているそうです。

ボールの空気圧はピッチコンディションに応じて調整しよう!

日本では一般に、硬い土のピッチでサッカーをする場合が多く、

ボールも土用の、弾力性には劣るものの耐久性の高い

ブチルゴムチューブが入ったボールを使います。

このブチルゴムチューブのボールは

空気圧を高めに入れると非常に硬くなって、扱いにくくなってしまいます。

硬い土のピッチの場合

低めの0.6~0.7気圧(およそ0.6~0.7ber:600~700hPa)くらいの空気圧が、

使い良い弾み具合になると思います。

もし、雨上がりで軟弱なピッチ状態になっているような場合などは、

より弾みやすいように+0.1~0.2気圧くらい空気圧を上げると、

やや硬めのボールになって、プレーがしやすくなると思います。

その日のピッチコンディションに応じて、ボールの弾み具合を見て、

空気圧は適切な数値に調整しましょう!

ボールの空気圧は空気圧計できちんと測ろう!

サッカーボールの空気圧の調整は

よほど熟練した感覚を持っている人でない限り、

空気圧計できちんと測ることなしにはできません。

もし空気圧計をお持ちでなかったら、

それほど値段の高いものではないので、ぜひ一つ購入しましょう!

私のおすすめの空気圧計は、モルテン製のアナログタイプです。

価格も手ごろで、操作が簡単で、

パッと見ておよその空気圧が分かるので、

日常使う自分のボールの空気圧調整にはもってこいです。

少し硬めに空気を入れたボールに空気圧計の針を刺して、

横に付いているエア抜きボタンを押して空気を抜きながら、

適正な数値の空気圧に合わせて調整できます。

普段からきちんとした硬さのボールを使って練習することは

子どもの技術の向上にもつながりますよ!

ただ、公式な試合球の場合は、

精度の高いデジタル空気圧計で測定した方が良いので、

それはクラブで、みんなの共用品として買ってもらいましょう!

サッカーボールの空気圧の公式規定値と実際の数値はどれくらいか?
最後までお読み頂き、ありがとうございました!
良ければSoccer-dribblerの最新情報を、 いいねしてチェック!

スポンサーリンク

サッカーが大好きな壮年男子。 高校時代の3年間はサッカーを経験。 その後も約15年間、体が動く間は、草サッカーチームを作って市民大会に出場。 日本でJリーグが始まり、以降国内海外問わず、 サッカー観戦が大の楽しみになって現在に至る。

関連記事はこちら!