【一人で出来る!】サッカードリブルの練習法

スポンサーリンク

サッカーのドリブルといえば、ディフェンスやオフェンスに限らず、

全てのポジションで練習しておきたいサッカーの技能の一つです。

このサッカーのドリブルは、

大人数で練習することも可能です。

可能なのですが、

友だちやライバルより一歩抜きん出て上達するには、

やっぱり一人での練習が欠かせません。

一人でサッカーのドリブルを練習する方法は無いのでしょうか?

スポンサーリンク

一人で出来るサッカードリブルの2つの練習法

サッカードリブルで今のところ重要な練習法は、

主に2つの箇所のドリブルが練習する必要があります。

  1. アウトサイドドリブルの練習
  2. インサイドドリブルの練習

この2ヶ所のドリブルを徹底的に練習することで、

他の人より繊細なボールタッチが出来るようになります。

では、順番に説明していきます。

インサイドドリブルの練習

インサイドドリブルは、

  • 相手に取られないため
  • 正確なドリブルをするため

必要なドリブルの一つです。

インサイドドリブルは基本中の基本ですので、

これを身につけておけば、

ドリブルでのミスの割合が極端に減ります。

ドリブルが上手く出来ない初心者の場合は、

こちらのドリブルをひと通り出来るようにしておきましょう。

インサイドドリブルを練習するには、

コーンを置いてスラロームの練習をするのが、

最も効率的な練習方法です。

動画についてはリンク先にありますので、

参考にしながら、やってみてくださいね!

(インサイドドリブルの記事については、以下の記事を参照して下さい)

アウトサイドドリブルの練習

サッカードリブルの基本は、

意外にも「アウトサイドドリブル」になります。

特に、日本や海外のトッププレイヤーたちのドリブルは、

皆アウトサイドで軽いタッチをしながら、ドリブルをしてます。

ドリブルで更に技術を磨こうと考えるのであれば、

このアウトサイドでタッチする感覚を練習で養いましょう。

アウトサイドドリブルの練習方法は、

とにかく利き足のアウトサイドのタッチを繰り返し行うことです。

リンク先に動画がありますので、

参考にしながら練習してみてください。

→アウトサイドドリブルを練習する方法はこちら!

今回は一人で出来るドリブルの練習方法について、

簡単にまとめて説明しました。

ドリブルはボールタッチの精度と関わってくるので、

ボールを自在に操れるようになれば、

面白いぐらいドリブルするのが楽になりますよ。

頑張って練習してみてくださいね。

【一人で出来る!】サッカードリブルの練習法
最後までお読み頂き、ありがとうございました!
良ければSoccer-dribblerの最新情報を、 いいねしてチェック!

スポンサーリンク

関連記事はこちら!