【1人でできる!】サッカーの緩急を身に付けるドリブル練習法

スポンサーリンク

前回の記事では、

「サッカーのドリブルで緩急をつけるためのコツ」について、

説明していきました。

しかし、コツは「上達を早めるためのもの」であって、

コツを知っただけでは、うまく緩急をつけることが出来ません。

当然ながらドリブルで緩急のタイミングを身につけるためには、

ドリブルの練習が必要になってきます。

ここでは

「サッカーの緩急を身につけるためのドリブル練習法」

について、説明していきます。

スポンサーリンク

サッカーの緩急を身に付けるドリブル練習法は?

まず、あらかじめ断っておかねばならないことがあります。

それは

「緩急を身につけるための練習は、1on1で養われる」

ということです。

緩急を使ったドリブルを実践で使えるようにするためには、

対人戦で実際に効果があるのを確認しなければ、

掛けるタイミングが掴めないものです。

なので、1on1での練習は必ずやってくださいね。

1人でも出来るドリブルの緩急を身につける練習は?

さて、1on1で緩急を身につけることが前提ということは、

相手が居ない場合は練習できないのでしょうか?

・・・というと、そんなことはありません。

ドリブルの緩急を一人で練習する方法は、一応あります。

それについて、今回は詳しく説明していきます。

ドリブルの緩急を練習するためには、

コーンのような目印を、適当な間隔で置きます。

とりあえず目印があればできるので、

地面が砂で出来てる校庭であれば、砂をどけて目印としてください。

例えば

1m先→3m先→3m先→1m先→3m先→1m先

・・・という感じに、コーンを適当に置くんですね。

コーンを適当な間隔で置いたら、

後はドリブルをするだけ、なのですが・・・。

ドリブルをする際、意識して欲しい点があります。

それは「緩急をつけるタイミング」です。

例えば、

  • 3メートル先のコーンまでは高速ドリブル
  • 1メートル先のコーンまでは低速ドリブル

という風に、低速と高速のドリブルの切り替えを、

あらかじめ決めて、練習するのです。

この練習をすると、相手を抜かす際に行う緩急を、

自然とできるようになります。

一人で練習する場合はこの目印を使ったドリブル練習を行い、

1on1で実践ベースで、緩急を身につけてください。

【1人でできる!】サッカーの緩急を身に付けるドリブル練習法
最後までお読み頂き、ありがとうございました!
良ければSoccer-dribblerの最新情報を、 いいねしてチェック!

スポンサーリンク

関連記事はこちら!