サッカーで後ろにボールタッチするドリブルの練習方法!

スポンサーリンク

サッカーのドリブルには、

足裏を使ってボールを後ろに下げる行動も、

場合によっては有効だったりします。

例えば、レアル入りした中井卓大くんのドリブルは、

足裏を使って引くドリブルが、とても特徴的です。

→中井卓大君のドリブル動画はこちら

あそこまで引かれてしまうと、敵選手も取ろうにも取れませんからね。

ところで、足裏を使った後ろに移動するドリブルの練習方法は、

どういったものがあるのでしょうか?

今回はその練習方法について、説明していきます。

スポンサーリンク

後ろにボールタッチするドリブルの練習方法

サッカーで後ろにボールタッチしながらドリブルするには、

足裏を使って後ろに下がるドリブルの練習が効果的でしょう。

足裏を交互に使いながら、後ろに移動していきます。

これは言葉で説明するのが難しいので、

動画を先にご覧ください。

この時のコツは、片足でボールを引いたら、

もう片方の足を出します。

足を入れ替える際には、

後ろにジャンプしながら下がるイメージですね。

慣れてきたら、リズムよく後ろにボールタッチをしていきます。

あとは、重心は左右にブレないように、

また、後ろに傾かないように、地面と垂直になるよう意識することです。

  1. 左右をリズムよく足を入れ替える
  2. 重心は後ろや左右に傾かないよう意識する

この2点を意識するだけで、

ある程度ボールタッチができるようになるかと思います。

後は、何度も練習して足裏の間隔を養うだけなので、

頑張って練習してみてくださいね。

サッカーで後ろにボールタッチするドリブルの練習方法!
最後までお読み頂き、ありがとうございました!
良ければSoccer-dribblerの最新情報を、 いいねしてチェック!

スポンサーリンク

関連記事はこちら!