サッカーのドリブルで緩急を付ける際のコツはあるの?

スポンサーリンク

サッカーのドリブルについて

「緩急をつけたドリブルを!」と言われることが、

結構ありますよね。

しかし、

「緩急ってなんだよ!どうやってやるんだよ!」

という風に、思いませんでしたか?

・・・正直、僕はそう思いました(苦笑)

だって「緩急をつけろ!」と言われても、

  • どこで止まったらいいのか?
  • どこで緩めたらいいのか?
  • どこでスピードを出したらいいのか?

・・・わからないことだらけです。

というわけで、この記事では

「サッカーのドリブルでの緩急をつけるコツ」について、

考えていきます。

スポンサーリンク

サッカーのドリブルで緩急を付ける際のコツはあるの?

サッカーのドリブルにおいて、緩急は最初の条件によって、

種類が変わってきます。

  1. 低速ドリブル中の場合
  2. 高速ドリブル中の場合

この2つの条件から緩急を付ける場合について、

それぞれ見ていきましょう。

低速から急発進のドリブルの場合

緩急と言われると、おそらくメジャーなドリブルの方法として、

「チェンジ・オブ・ペース」と呼ばれる方法があります。

チェンジ・オブ・ペースという用語は気にしなくてもいいのですが、

相手がタックルしてくるタイミングを見計らって、急発進する方法です。

これは、相手がタックルしてくる程度に、

ゆっくりドリブルしながら相手を誘いこむのがコツです。

この際、最初のドリブルは出来るだけゆっくり進んでる状態が、

望ましいです。

場合によっては、止まってから急発進するのもありです。

また、かわした後の2人目、3人目は、

ゆっくり過ぎると追いつかれてしまいますので、

6~7割程度のスピードで相手を見るようにしておきましょう。

2人目以降も同様に、焦れた相手がこちらに突っ込んできたら、

その瞬間に急発進してかわします。

高速ドリブルから低速ドリブルに移るコツ

これは、どちらかと言うと

高速→低速→高速ドリブル

という感じです。

「ストップ・アンド・ゴー」と呼ばれるドリブルですね。

これは、相手が同じようにボールに追い付きそうな場合に、

ストップするのがコツです。

ストップする際には、足の裏を使えると確実です。

ストップするのには勇気がいりますが、

思い切ってストップすることで、相手はバランスを崩します。

その一瞬の隙を突いて、再度急発進します。

そうすれば、先ほど競ってた相手を抜き去る事ができるのです。

さて、今回はドリブルの緩急をつけるコツについて、

説明していきました。

コツはあくまで「早く上達するためのポイント」でしかないので、

これを念頭に置きながら、練習してみてくださいね。

サッカーのドリブルで緩急を付ける際のコツはあるの?
最後までお読み頂き、ありがとうございました!
良ければSoccer-dribblerの最新情報を、 いいねしてチェック!

スポンサーリンク

関連記事はこちら!