サッカーのドリブルで駆け引きで勝つためのコツは?

スポンサーリンク

サッカーのドリブルをしていると、

「上手くボールタッチを出来るのに、相手を抜くことが出来ない…」

ということって、ありますよね。

テクニックをいくら磨いたところで、

駆け引きが上手くいかなければ、相手を抜くことは出来ません。

そこで今回は

相手にドリブルの駆け引きで勝るコツ

について、説明していきます。

スポンサーリンク

ドリブルで相手に駆け引きで勝つには?

まず、サッカーのドリブルで最低限、

必要なのはボールタッチに自信があることです。

いくら相手を抜かそうと思っても、

ボールタッチに絶対の自信がなければ、心に迷いが出てしまいます。

すると、相手ディフェンダーを抜こうと思う反面、

「ボールタッチをミスって取られたらどうしよう・・・」

と、心の中でセーブを掛けてしまうんですね。

なので、少なくともドリブルにある程度自身があることが、

前提となります。

ドリブルに自信がない場合は、

以下の記事を見ながらボールタッチの練習を積んで下さい。

ボディフェイントを練習する

さて、ドリブルの練習である程度ボールタッチが問題なく出来るようになったら、

次にやることはフェイントの習得です。

それも、ボディフェイントの練習をして下さい。

ある程度足技に自信がある人が陥りがちなミスに、

「ドリブルは足で行うもの」という思い込みがあります。

ですが、それではディフェンダーは反応しません。

サッカーのドリブルで効果的なフェイントは、

顔や上半身の動きなど、体全体でフェイントを掛けることで、

初めて効果を発揮します。

この「体全体でフェイントを掛けること」が出来ていないから、

抜かせるものも抜かせないのです。

ぜひ、ボディフェイントを掛ける練習をしてみてください。

(サッカーのボディフェイントについては、以下の記事をどうぞ!)

→サッカーのボディフェイントを掛けるときのコツは?

パスの選択肢も匂わせる

ドリブル突破もある程度できる状態になれば、

相手ディフェンダーにとってはドリブルが脅威になってきます。

そこで相手をある程度引きつけることになるので、

サイドへのパスも選択肢に加えておきましょう。

ドリブルだけでなくパスもする選手となれば、

次に仕掛けてくる時は

  • ドリブル突破なのか?
  • パスなのか?

相手には、その判断も難しくなってきます。

結果、ドリブルだけの時より、駆け引きの幅が増えるのです。

いかがでしたか?

ぜひ、サッカーのドリブルの駆け引きを上達させたい場合は、

  • ボールタッチの向上
  • ボディフェイントの練習
  • パスも選択肢に加える

以上の3つのコツを、駆使してくださいね。

サッカーのドリブルで駆け引きで勝つためのコツは?
最後までお読み頂き、ありがとうございました!
良ければSoccer-dribblerの最新情報を、 いいねしてチェック!

スポンサーリンク

関連記事はこちら!