サッカーのドリブルで正対すると有利な理由と状態を作るコツ!!

スポンサーリンク

サッカーのドリブルで、まずは勇気を持って

相手と正面から向き合うドリブルをしよう!

…ということを、前回述べました。

【前回記事】→サッカーで相手選手と正対してドリブルすることが大切な理由

それでは、相手と正面から向き合ってドリブルをする時、

次にどう仕掛けていけば、相手を抜くのに有利なのでしょうか?

答えは、相手と“正対”する状態になることです。

“正対”とは

相手ディフェンダーがボールを持っている自分に対して、

両足をそろえて完全に正面を向いている状態のことを言います。

どうして、相手と“正対”する状態だと、相手を抜くのに有利なのでしょうか

また、通常相手ディフェンダーは、ドリブルで進んで来る選手に対して、

両足を揃えないようにして、半身の体勢で守ろうとしてきます。

どのようにドリブルをすれば、相手と“正対”する状態を作れるのでしょうか

スポンサーリンク

“正対”する状態になると、ドリブルで抜くことが容易になる!

相手ディフェンダーに正面から向かっていくドリブルをしている時、

その相手が両足をそろえて真っ直ぐに向き合う“正対”する状態だったら、

どのような守備をするでしょうか?

もしあなたが、右にフェイントをかけたら、

相手はすぐに抜かれまいと左足と出して来るでしょうし、

逆に左にフェイントをかけたら、

すぐに右足を出して防ごうとしてくるでしょう。

両足を揃えて構えるのは、

ドリブルをする選手が左右どちらに行くかが五分五分の時に、

左右どちらにもすぐに動けるようにする準備の体勢なのです。

その状態の時、彼は左右どちらへの動きにも素早く反応してきます。

その代わりに、彼は両足を揃えていることによって、

自分の後ろへ向かう動きに対しては素早く反応することができないのです。

相手ディフェンダーと“正対”する状態を作り、

横方向への素早い反応を誘いながらその動きを見極めて、

差し出す足の横を走り抜ければ、

後方に素早く反転して追う動きがとれない相手を、

ドリブルで容易に抜き去ることができる、ということです。

ですから守備の選手は、ドリブルをする選手と1対1になって守る際に、

決して両足を揃えないようにして、半身で構えるのです。

半身で構える相手はドリブルで抜きにくい!

守備の選手は、左右の足を前後にずらした半身の構えで守る時、

自分の体が向いている側へのドリブルを誘うために、

自分の立ち位置を、

ボールを持った選手の真正面から

左右どちらかの側に寄った場所に位置取りをします。

そして、自分の背中側の方にはドリブルをさせないように守ります。

もし自分の体が向いている側にドリブルをされても

容易に追っていくことができますが、

逆に反対の背中側の方にドリブルされると、

体を反転させなければ追うことができないからです。

半身で構えるディフェンダーは

自分や守備側のチームが守りやすい方向へとドリブルを誘導して、

ボールを持った選手のドリブルの方向を限定することで、

攻撃の選択肢を少なくして、

その場面の主導権を握ろうとしているのです。

例えば、ドリブルをしている選手をタッチライン際に追い込むために、

あえてピッチの中央側に寄った位置取りで守ることで

縦方向へのドリブルをするように誘い、

ボール持った選手を徐々にピッチの外側へと追い込んで行こうとするのです。

この状態の相手ディフェンダーを

ドリブルで完全に抜き去ることは、なかなか困難です。

半身で守ろうとする相手を“正対”する状態に変えるドリブルのコツ

では、向かい合った相手ディフェンダーに、

そうした左右どちらかの側に寄った半身の守備をされた場合、

どのようにドリブルをすれば、相手の両足を揃えさせて、

“正対”する状態を作り出すことができるのでしょうか?

その答えは、極めて簡単です。

半身で構える相手の誘いには乗らずに、

あえて相手の背面側に向かうドリブルを仕掛けてみせます。

そうすると相手は体の向きを変えようとして

体を開いて反転しようとします。

その瞬間に、真っ直ぐに

相手に正面から向かっていくドリブルをさらに仕掛けるのです!

ボールを持った選手が真っ直ぐに向かって来るのに対して、

その時、相手ディフェンダーは両足を揃えて迎え撃つしかありません。

もし、相手が苦し紛れに前に出てタックルをしてきたら、

その出足をかわせば抜き去れます。

積極的にフェイントをかけて、

相手の横を抜き去るドリブルでチャレンジをしましょう!

相手と“正対”する状態を作り出すドリブルの練習方法

実戦のドリブルで相手と“正対”する状態を作り出すことができるように、

普段から守備の相手の正面に向かって、

真っ直ぐに進んで行くドリブルを練習しておきましょう。

友達に守備の相手役をしてもらう1on1の練習で、

ドリブルのコースを変えて相手に真っ直ぐ向かって行く、

切り替えしのタイミングを身に付けましょう

相手には実戦さながら、

少し左右どちらかの側に寄った位置取りで

半身の体勢で守る守備をしてもらいます。

ボールを持った選手は、

相手の背面側にドリブルを始めるように見せた後、

おもむろに相手の正面に向かって

ドリブルで真っ直ぐに向かって行く練習をします

守備の選手は、

両足が揃ってしまった状態でも、

できるだけ頑張って抜かれないようにしましょう。

それに対してボールを持った選手は、

さらに、フェイントを仕掛けるなどして、

相手の横を抜き去るドリブルの練習を繰り返し行いましょう。

ボールを相手に奪われることを恐れずに、

相手と“正対”する状態を作るドリブルを仕掛けられるようになれば、

試合でのドリブルが、きっとどんどん面白くなってくるはずです!

サッカーのドリブルで正対すると有利な理由と状態を作るコツ!!
最後までお読み頂き、ありがとうございました!
良ければSoccer-dribblerの最新情報を、 いいねしてチェック!

スポンサーリンク

サッカーが大好きな壮年男子。 高校時代の3年間はサッカーを経験。 その後も約15年間、体が動く間は、草サッカーチームを作って市民大会に出場。 日本でJリーグが始まり、以降国内海外問わず、 サッカー観戦が大の楽しみになって現在に至る。

関連記事はこちら!