緩急を使ったサッカーのドリブルテクニック!(Delayed Hook)

スポンサーリンク

サッカーのドリブルで上手く相手をかわすには、

緩急が重要になってきます。

ですが「緩急って言われても・・・」

と、それだけだと「どうやって抜くのか?」分かりませんよね(笑)

そこで今回は、サッカーのドリブルテクニックで、

緩急を使ったテクニックを紹介していきます。

スポンサーリンク

緩急を使ったドリブルテクニック!(Delayed Hook)

今回紹介するサッカーのドリブルテクニックは、

Delayed Hook(ディレイドフック)と呼ばれるテクニック。

これは、インサイドを使って大きく蹴りだし、

相手をかわすテクニックです。

まずは参考動画。

動画内にポイントが書いてあるのですが、

こちらでも簡単にまとめますね!

  • ボールを体の前に置く
  • アウトフロントで大きくまたぐこと
  • インサイドで後方にあるボールを蹴りだすこと
  • インサイドで蹴る時にボールの底を蹴ること
  • 逆足のインサイドでキャッチする

動画をよく見ると、

3番の「インサイドで後方にあるボールを蹴りだすこと」の際に、

ボールを確認してます。

これは恐らくボールを確認してるのですが、

顔が大きく動くので、ディフェンスにとっては、

フェイントのようにも見えます。

僕自身も、このフェイントを掛けてみたところ、

結構な確率で相手をかわすことが出来ました。

かなり効果的なドリブルテクニックなので、

ぜひ、挑戦してみてくださいね!

緩急を使ったサッカーのドリブルテクニック!(Delayed Hook)
最後までお読み頂き、ありがとうございました!
良ければSoccer-dribblerの最新情報を、 いいねしてチェック!

スポンサーリンク

関連記事はこちら!