サッカーのドリブルが遅い!素早くドリブルするコツは?

スポンサーリンク

ドリブルの上手い選手は基本的に、足の速い選手が多いです。

しかし、足が速くてもドリブルが上手くいかず、

ボールタッチが大きくなってしまう人も結構居ます。

これを読んでいるあなたも、

これに当てはまるのかもしれませんね。

という訳で今回は

「足の速さを活かして素早いドリブルをするコツ」

について、説明していきます。

スポンサーリンク

サッカーのドリブルを素早くするコツは?

サッカーのドリブルを素早くするコツは、

なんといっても

「アウトサイドでのボールタッチに慣れること」です。

試しに、海外のトッププレイヤーのドリブルを、

参考までに見て下さい。

恐らくほぼ全てのサッカープレイヤーが、

アウトサイドでのドリブルを結構使っています。

しかし、日本人はこの「アウトサイドでのボールタッチ」

が結構苦手です。

なぜなら、昔から日本人は「当たり負けする」と言った理由から、

パスを繋ぐサッカーを教えてきました。

その結果、ドリブルの練習は後回しとなりました。

悪く言えば、パスの文化が

ドリブルの練習を怠ってしまう理由となったわけですね。

これではドリブルが上手な選手は育ちませんし、

足の速い選手の「足の速さ」を活かすことが出来ないのです。

というわけで、素早いドリブルをするには、

「アウトサイドでタッチすることに慣れること」です。

以下の記事に動画を用意しましたので、

アウトサイドでのドリブルの練習をしてみてください。

→サッカーのアウトサイドドリブルの練習法

アウトサイドでの吸い付くようなタッチが出来るようになったら、

次に1on1の練習で、テクニックを磨いて下さい。

かわすドリブルは創造性が大事なので、

とにかく目の前の相手をかわすために、

色々頭で考えることが大事です。

ぜひ、ドリブルの技術を磨いて、

活躍できるように頑張ってください。

サッカーのドリブルが遅い!素早くドリブルするコツは?
最後までお読み頂き、ありがとうございました!
良ければSoccer-dribblerの最新情報を、 いいねしてチェック!

スポンサーリンク

関連記事はこちら!