【サッカーのドリブル】世界最速ベスト10と速さによるメリット!!

スポンサーリンク

誰よりも速いスピードでドリブルができたらいいな…と、

サッカーをしている人なら誰もが思うことでしょう。

では、世界で最も速い速度でドリブルができる選手は、いったい誰なのでしょう?

そして、ドリブルの速度が速いことのメリットは、どのようなことなのでしょう?

スポンサーリンク

世界最速のドリブラーは、W杯では見ることのできなかったあの選手だった!

2015年の3月に、メキシコのプロサッカーチーム・パチューカが、

国際サッカー連盟FIFAの公認データに基づいた

ドリブルのスピードが速い選手の世界ランキングを発表しました。

その第1位だった世界最速の選手は、

ウェールズ代表でスペインのレアルマドリードに所属している、

ガレス・ベイル選手でした!

そのスピードは、なんと時速36.9km!

もしそのまま100mを走ったとしたら、

わずか9.75秒でゴールしてしまうという驚異的なスピードです!

ウェールズは人口300万人強の

イギリスを構成する4つの国(countory)の一つですが、

W杯ににはベスト8入りを果たした1958年以降は

一度も出場できていません。

世界最速のベイル選手のドリブルを、

W杯で見ることができないのは本当に残念です。

ウェールズ代表の今後の奮起に期待しましょう!

ドリブルのスピードが速い選手の世界ランキング!

ドリブルの速度が速い選手の世界ランキングTOP10。

2位以下は次の選手達です。

第2位 ユルゲン・ダム選手(メキシコ・パチューカ所属):時速35.2km

第3位 アントニオ・バレンシア選手(マンチェスターユナイテッド所属):時速35.1km

第4位 アーロン・レノン選手(エバートン所属):時速33.8km

第5位 クリスティアーノ・ロナウド選手(レアルマドリード所属):時速33.6km

第6位 セオ・ウォルコット選手(アーセナル所属):時速32.7km

第7位 リオネル・メッシ選手(バルセロナ所属):時速32.5km

第8位 ウェイン・ルーニー選手(マンチェスターユナイテッド所属):時速31.2km

第9位 フランク・リベリー選手(バイエルンミュンヘン所属):時速30.7km

第10位 セルヒオ・ラモス選手(レアルマドリード所属):時速30.6km

世界に名だたる選手がその名前を連ねていますが、

ロナウド選手とメッシ選手が第5位と第7位というのは、

少し以外な結果ですね。

そして、このランキングには入っていないものの、

2014年のブラジルW杯で、

オランダ代表のアリエン・ロッベン選手

時速37kmの世界最速スピードを記録しているそうです。

これには納得ですね!

ドリブルのスピードが速いことには2つのメリットがある!

サッカーのドリブルの速度が速いことには

2つの大きなメリットがあります。

その第一は、相手ディフェンダーをスピードによって振り切ることで、

得点のチャンスを増やすことができることです。

相手のボールを奪ってカウンター攻撃を仕掛ける時、

ドリブルで相手ディフェンダーを置き去りにできれば、

ゴールキーパーと1対1の状況に持ち込むことができます。

また、相手ディフェンダーが無理をしてそのドリブルを止めようとすることで、

ファールを誘いフリーキックやPKを得ることもできます。

二つ目は、速いドリブルができる選手が相手のマークを引き付けることで、

他の選手をフリーにすることができることです。

ハイスピードのドリブルができる選手は、

フリーにしてしまうと途端にピンチが生じるため、

相手ディフェンダーは常にマークを厳しくします。

それは、ドリブルの速い選手にとっては

自身の攻撃の機会が損なわれることになりますが、

他の選手にとっては自分へのマークが甘くなることにつながり、

攻撃のためのスペースも生まれやすくなり、

チームとして攻撃がしやすくなるのです。

2012年のロンドンオリンピック男子日本代表チームが

ベスト4という快挙を達成できたのは、

永井謙佑選手の高速ドリブルという強い武器があったからこそだと思います。

たった一人の快速ドリブラーの存在が、

チームにとっては大きなアドバンテージになるのです!

ドリブルの加速が速いことは、最高速度が速いことよりも素晴らしい!

ここまで、ドリブルの速さとして最高速度のことを述べてきましたが、

ドリブルの加速が速いということは、

最高速度が速いということをしのぐ素晴らしい能力なのです。

ボールを持った瞬間にトップスピードのドリブルを始めることができたら、

相手ディフェンダーはその時点でついて来ることができずに、

後方から追いかけるしかありません。

あとは相手の走るコースをきちんと遮ったまま

ゴールに向かってドリブルをするだけで、

たとえドリブルの最高速度が相手の走る速度より遅かったとしても、

相手は後方からタックルする以外は止める術がないのです。

逆に、ドリブルの最高速度がいくら速くても

加速するのに時間がかかれば、

相手ディフェンダーはスピードが出る前に

タックルをしかけて止めることができます。

スピードランキングではトップになれなかった

ロナウド選手とメッシ選手のすごさが、

まさにこのドリブルの加速の速さなのです。

たとえ足があまり速くない選手であっても、

ドリブルの加速で勝っていれば

俊足の選手に負けないプレーができるのです!

こうしたこともサッカーという競技の大きな魅力だと思います。

【サッカーのドリブル】世界最速ベスト10と速さによるメリット!!
最後までお読み頂き、ありがとうございました!
良ければSoccer-dribblerの最新情報を、 いいねしてチェック!

スポンサーリンク

サッカーが大好きな壮年男子。 高校時代の3年間はサッカーを経験。 その後も約15年間、体が動く間は、草サッカーチームを作って市民大会に出場。 日本でJリーグが始まり、以降国内海外問わず、 サッカー観戦が大の楽しみになって現在に至る。

関連記事はこちら!