足の遅い自分でもサッカーのドリブルで速く走れますか?

スポンサーリンク

足の遅い人間にとって、足の速い人間は憧れの的ですよね。

「あれだけ足が速かったら、自分もドリブルで活躍できるのに…」

そう思いますよね。

僕自身も足が遅かったので、気持ちは凄く良く分かります。

そんな足の遅いことがコンプレックスのあなたへ。

今回は足を速くする方法について、お伝えしていきます。

スポンサーリンク

速く走るためのコツ

まず、足を速くするには、

正しい走り方が必要不可欠です。

どれだけ強靭な筋肉の持ち主だったとしても、

足の力を上手く伝えられないのであれば、

本末転倒というものです。

というわけで、正しい走り方について知っておきましょう。

上半身で意識する部分は?

まずは上半身から。

上半身で注意して欲しいのは、地面と垂直であることです。

特に日本人の場合は

「顎が前にでてしまうこと」が多いので、

顎はしっかりとひいて走るようにしましょう。

これは、正しいドリブルの基本も同様です。

【参考】→サッカーの基本はドリブルから始まる

この状態が、基本姿勢になるので、

しっかりと走って覚えこませましょう。

次に、手の握りについてです。

手の握りについては、

生卵を手に持ってるところをイメージしてください。

この生卵を割らないように握って、

走るようなイメージです。

・・・あくまで、握力のイメージですからね?(笑)

それで自然に腕が触れれば、基本フォームは完了です。

下半身で意識するコツは?

次に、下半身について。

下半身は、太ももを特に意識して走りましょう。

太ももは上に上げるのではなく、前に出すイメージで走ります。

もも上げとは違うので、

間違っても某芸能人の「モモ神」状態にはならないように(笑)

あれはネタとして面白いですけどね(笑)

さて、ここまでで速く走るコツについては、ひと通り終了です。

次に、速く走るための土台を作る方法です。

速く走るための筋トレ法

ここでは、速く走るための筋トレ方法を、

いくつか紹介していきます。

ハムストレングス(もも裏)

ハムストレングスとは、太ももの裏側の筋肉のこと。

ハムストレングスは、速く走るためには必須の筋肉です。

太ももの裏を鍛えることで、

体を前に押し出す筋肉が養われます。

筋トレの方法についても、

動画を発見したので今回はそれを紹介します。

また、ハムストレングスを鍛えたら、

必ずストレッチを行いましょう。

ストレッチは、以下の動画のようなオーソドックスなもので大丈夫です。

片方の足を伸ばし、片膝を曲げて状態を曲げるやつですね。

他にも、足を速くするためには、

腹筋や背筋、体幹のトレーニングが重要になってきます。

特に、体幹はフィジカルにも関係してくるので、

ドリブラーになろうと思えば必須の筋トレです。

詳しくは以下の記事で紹介してますので、良ければどうぞ!

→サッカーのドリブルに必要な筋肉ってどの部位?

筋トレは努力してこそ報われるものなので、

ぜひ、継続して続けてみてくださいね。

足の遅い自分でもサッカーのドリブルで速く走れますか?
最後までお読み頂き、ありがとうございました!
良ければSoccer-dribblerの最新情報を、 いいねしてチェック!

スポンサーリンク

関連記事はこちら!