サッカードリブルの基本はアウトサイドドリブル?

スポンサーリンク

サッカーのドリブル、あなたはどこの足の部分で蹴っていますか?

僕自身は昔、インサイドで蹴っていた記憶が…(笑)

足の蹴る位置によって、

ボールコントロールのしやすさは変わってきます。

ここでは、アウトサイドドリブルについて、

説明していきたいと思います。

スポンサーリンク

そもそもアウトサイドって?

アウトサイドドリブルを説明する前に、

用語を理解していないと先へ進めません。

あなたは、アウトサイドって足のどの部分だかわかりますか?

・・・サッカー経験者であれば、

アウトサイドってどこだかすぐに分かりますよね(笑)

しかし、サッカーの経験があまり無かったり、

「いまからサッカーを始めるぞ!」って方なら、

知らなくても問題ありません。

アウトサイドキックとは、

足の外側の部分でボールを蹴るキックのことです。

この点を理解したうえで、先へ進みましょう。

アウトサイドドリブルはスピードが出しやすい

アウトサイドドリブルをすることによって、

走る体勢と同じ状況が実現できます。

そのため、アウトサイドドリブルは、

とてもスピードが出しやすいドリブルなのです。

アウトサイドドリブルはフェイントもかけやすい

また、アウトサイドドリブルをしているときは、

  • このままドリブルを続けるのか?
  • 外側の味方にパスをするのか?

足の動きだけでは、判断しづらくなります。

なので、パスフェイントをかけてドリブル突破をしたり、

選択肢が広がりやすいのです。

これがインサイドでドリブルをしていたら、

パスをするようにも見えるかもしれません。

が、いざドリブルで突破しようと思った時に、

スピードにのれず、抜き切ることができません(汗)

なので、アウトサイドドリブルは、

ドリブル突破するためにも向いているのです。

アウトサイドドリブルでやりがちな落とし穴

さて、アウトサイドドリブルの利点について説明しました。

しかし、1つだけアウトサイドドリブルをする際に、

気をつけてほしいことがあります。

それは、ボールとの間合いです。

というのも、スピードの出やすいアウトサイドドリブルは、

スピードを出そうと思ってしまい、

足の届かない範囲にボールが離れていってしまいます。

そうなると、相手にボールを取られてしまう危険性が高くなるので、

おおよそ1メートル以内にボールが来るように、

蹴る練習はしておきましょう。

まとめ

今回はアウトサイドドリブルについて、

説明していきました。

  • スピードが出やすいこと
  • 選択肢が増えてフェイントがかけやすいこと

といったメリットがあるのも、

アウトサイドドリブルの特徴です。

ぜひ、アウトサイドドリブルを練習して、

身につけてみてください。

→サッカーのアウトフロントドリブルの練習法

サッカードリブルの基本はアウトサイドドリブル?
最後までお読み頂き、ありがとうございました!
良ければSoccer-dribblerの最新情報を、 いいねしてチェック!

スポンサーリンク

関連記事はこちら!