サッカーの背番号とポジションの関係~10番がエースナンバーの理由!

スポンサーリンク

サッカークラブに入団して、初めて試合に出ることになった時に、

「自分は何番のユニフォームを渡されるのかな…」

と、背番号が気にならない人は、きっといませんよね!

サッカーの背番号には、

一人一人のプレーヤーが、様々な思い入れを持っているのではないかと思います。

では、そんなサッカーの背番号は、いつからどのようにして出来たのでしょうか

背番号は、ポジションとの関係があるのでしょうか

特に、サッカーの背番号10番

“エースナンバー”と呼ばれているのはどうしてなのでしょうか

スポンサーリンク

サッカーの背番号は20世紀初頭のイングランドから始まった!

サッカーは、他の多くのスポーツと同様に、

イングランドにおいて誕生したスポーツです。

19世紀半ばの、誕生当初のサッカー競技には、

背番号はもとより“ポジション”という概念も無かったようです。

世界最初のサッカールール“Law of the Game”には、

ゴールキーパー(GK)に関する規定すら無かったというのですから!

その後、技術や戦術の進化と共に、

各プレーヤーのフィールド内における位置と役割=“ポジション”の概念が、

人々に定着していきました。

サッカーで初めて背番号の付いたユニフォームが使われた試合は

1928年イングランドリーグの、アーセナル対チェルシー戦だったと言われています。

それまで、試合中の選手を見分けることが難しかった観客からは、

背番号によって容易に選手を見分けることができたので、評価の声が上がったそうです。

その後、1933年イングランドFAカップ決勝

エヴァートン対マンチェスターシティ戦で、再び背番号が使われたことを機に、

試合における背番号の使用が、制度として本格的に導入されていったそうです!

かつて背番号は11番までしかなかった!

20世紀半ばまでサッカーのルールには選手交代の規定はなく

試合開始時のメンバー11人で、最後まで戦うことになっていました。

つまり、背番号1番から11番までしか存在しなかったのですね。

背番号付きのユニフォームを着られるということは、

イコール、試合に出場できるということだったわけですから、

選手にとってはきっと、この上ない栄誉だったのでしょうね!

背番号が使われ始めた当時のサッカーで

戦術として主流だったのは、

“2-3-5”Vフォーメーションという布陣でした。

そこで、背番号は、最後方のGKを1番として

後方から順にポジションに合わせて番号が付けられたそうです。

フルバック(FB)の二人が右から2・3、

ハーフバック(HB)の三人が右から4・5・6、

五人のフォワード(FW)が右から7・8・9・10・11となり、

この設定が世界に広がっていったそうです。

背番号とポジションの関係は国ごとに時代に応じて変わっていった!

サッカーのポジションフォーメーションは、

現在でも変化し続けているように、時代に応じて変わっていくものです。

20世紀前半に普及した背番号とポジションの関係

サッカーが行われている国ごと

その戦術やフォーメーションの進化に伴って変わっていきました

イングランドにおいては、1930年代から、

三人いたHBから5番がFBの中央に下がって、右から2・5・3番がFBに、

4・6番が守備的なHBに、

五人いたFWから8・10番が攻撃的な位置のHBに下がり、

右から7・9・11番がFW、という布陣の、

“3-2-2-3”というWMフォーメーションが主流になりました。

さらに、1960年代に、ディフェンシブなHBだった6番がFBの中央に下がり、

右から2・5・6・3番の四人がFBに、

4番を下がり目のHBとして、8・10番と逆三角形のHBを組み、

右から7・9・11番がFWという、“4-3-3”システムへと変わっていきました。

これが南米では、最初の“2-3-5”Vフォーメーションから、

HBの4番と6番がFBに下がって、右から2・4・3・6番がFB、

FWの8番がHBに下がって、右から8・5番がHB、

そして右から7・9・10・11番がFWという、“4-2-4”システムに変化しました。

10番が特別な背番号になったのは“サッカーの王様”が最初だった!

1958年スウェーデンW杯で、

ブラジルはこの“4-2-4”システムのチームで初優勝を勝ち取りました。

この時、弱冠17歳で背番号10を付けてFWとして出場し、

準決勝のフランス戦でハットトリックを達成するなど大活躍をして、

ブラジルを優勝に導き、スーパースターになったのがペレ選手でした。

ペレ選手は、続く1962年チリW杯でも10番を背負って出場して、

ブラジルをW杯史上初の連覇に導きました。

“サッカー王国・ブラジル”の礎を築き、

“サッカーの王様”と呼ばれるほどの実績を残したペレ選手によって

“サッカーの背番号10=エース・ストライカーの番号”という考えが

世界に定着したと言われています。

その後も、ブラジルのジーコ選手ネイマール選手

アルゼンチンのマラドーナ選手メッシ選手

イングランドのリネカー選手ルーニー選手

フランスのプラティニ選手ジダン選手…といった、

各国のエースナンバー10番を付けた名選手たちが、

現在に至るまで世界中の観客を魅了し続けています!

現代サッカーにおけるポジションごとの背番号とは!

現代のサッカーでは

監督がその時々でフォーメーションを変えるといったように、

多様なシステムが日常的に使い分けられています。

さらに、Jリーグも含めた世界のプロサッカーリーグが、

選手の固定背番号制を採用するようになったことで、

背番号とポジションの関係は、とても薄れてきていると思います。

現在、日本のJリーグのユニフォームに関する規約では、

背番号の1番はGKが付けて、

2番から11番はフィールドプレーヤーが付けるように定められていますが、

12番以降の番号は、50番までの範囲で、

ポジションに関係なく付けて良いことになっています。

日本における代表的なポジションと背番号!

そうした中ですが、今でも最も主流かと思われる“4-4-2”システムを例に

日本における代表的なポジションごとの背番号のイメージを、

私見として、次のようにまとめてみました!

1番 ゴールキーパー

2番 右サイドバック

3番 左サイドバック

4番・5番 センターバック

6番・7番 守備的なミッドフィールダー(ボランチ)

8番・10番 攻撃的なミッドフィールダー

9番・11番 フォワード

特に、10番はトップ下として2トップを操るシャドウストライカー

9番が点取り屋センターフォワード

11番は左サイドのスペシャリスト的フォワード…といったイメージがあります!

こうしたポジションごとの背番号のイメージは

好きな選手や、好きなチームのフォーメーションのイメージが大きく影響するので、

その人によって異なるものだと思います

みなさんの持っているイメージだと、どんな背番号とポジションになるでしょう…?

サッカーの背番号とポジションの関係~10番がエースナンバーの理由!
最後までお読み頂き、ありがとうございました!
良ければSoccer-dribblerの最新情報を、 いいねしてチェック!

スポンサーリンク

サッカーが大好きな壮年男子。 高校時代の3年間はサッカーを経験。 その後も約15年間、体が動く間は、草サッカーチームを作って市民大会に出場。 日本でJリーグが始まり、以降国内海外問わず、 サッカー観戦が大の楽しみになって現在に至る。

関連記事はこちら!