サッカーの監督としての成功と現役時代のポジションとの関係!

スポンサーリンク

あなたの入っているサッカーチームの監督は、

現役時代にどこのポジションだったでしょうか?

サッカーは、11人の選手がチームとして戦うため、

試合に出場する選手の選考、選手を配置するポジション、

フォーメーションや試合における戦術…など、

監督試合に臨む際に決める内容が勝敗を大きく左右します。

そんなサッカー監督として成功するためには

現役時代にどこのポジションをしていたら有利なのでしょうか

監督として成功するポジション”というものが、存在するのでしょうか

プロサッカー選手の経験がなくても、プロの監督として成功している人がいるのでしょうか

スポンサーリンク

Jリーグの監督達の現役時代のポジションは?

現在、プロサッカーチーム監督を務めている人達は、

現役時代にどこのポジションでプレーをしていたのでしょうか?

その傾向を知るために、

2016年シーズンのJリーグ・ディヴィジョン1(J1)を戦う、

18チームの開幕時点の監督について調べてみました。

その結果、各チームの監督現役時代ポジション

  • DF(ディフェンダー):6人
  • MF(ミッドフィールダー)またはDF:4人
  • MF:5人
  • FW(フォワード):2人
  • 不明:1人

という内容で、DFMFをしていた監督が多数を占めて

FW少数GK(ゴールキーパー)だった監督は一人もいない

ということが分かりました。

さらに、この18人の内3人の監督については、プロの選手としての経験がない

ということも分かりました。

プロの監督になるために、必ずしもプロサッカー選手としての経歴は必要ない

ということなのですね。

監督として成功した人の現役時代のポジションは?

プロサッカーチームの監督に就任したものの、

目立った成果を挙げられないでいる人も、数多くいます。

どんなリーグや大会であっても、優勝できるチームはたった1つなのですから。

そこで、成功を収めた監督が、現役時代にどこのポジションだったのか、

改めて歴代の“最優秀監督”について調べてみることにしました。

日本のJリーグは、年間表彰式の“Jリーグアウォーズ”において、

各シーズンの最も優れた監督に“最優秀監督賞”を授与しています。

監督を務めている方々にとっては、大変栄誉のある賞だと思います。

Jリーグが始まって以来23シーズンの間に、

最優秀監督賞を受賞した15人の監督(複数回の受賞監督が6人います)について

現役時代にどこのポジションだったのかを調べた結果が、次の通りです。

  • DF:8人
  • MFまたはDF:5人
  • MF:2人
  • FWまたはMF:1人
  • FW:1人
  • 選手経歴なし:2人
  • 不明:1人

成功を収めた監督についても、現役時代にDFMFだった人数がやはり多く

特にDF経験者の比率が高いという傾向が伺えました。

現役時代のポジションと、監督としての成功には、ある程度の関係がありそうです!

その一方で、選手としての経歴がない監督も、成功を収めているということは、

とても興味深いですね。

名選手必ずしも名監督にあらず?

「名選手、必ずしも名監督にあらず」という言葉を聞いたことがあるでしょうか?

“選手として優れていた人が、優れた監督になるとは限らない”

という意味の格言ですが、これはサッカーにも当てはまるようです。

2007年~2009年にかけて、

鹿島アントラーズの監督としてJ1リーグの3連覇を成し遂げ、

先ほどのJリーグ最優秀監督賞を3度受賞したオズワルド・オリヴェイラ氏は、

母国ブラジルの名門クラブ、コリンチャンスも監督として世界一に導いています。

そんな彼には、サッカー選手としての経歴は全くなく

大学を卒業後にフィジカルコーチの道を進み、

49歳で初めてプロサッカーチームの監督に就いた、“名選手ではない名監督”なのです。

その逆が、アルゼンチンのディエゴ・マラドーナ氏です。

世界最高のサッカー選手と言われ、

選手時代に数えきれないほどのタイトルを受賞したものの、

引退後の監督としての成績は、2010年南アフリカW杯で

母国の代表を率いてベスト8に入ったこと以外には、目立ったものがありません

その一方で、名選手の経歴名監督の実績を併せ持つ、

旧西ドイツのフランツ・ベッケンバウアー氏のような人もいます。

選手としての能力と、監督としての能力の間には、特別な関係はない

と言えるのかもしれませんね。

現役時代のポジション別に見た名監督!

それでは、現役時代のポジション別で見た名監督には、

どのような監督がいるのでしょうか?

日本人外国人の、新旧の有名な監督の名前を挙げていってみます。

FW(フォワード)

長谷川健太監督

2013年にガンバ大阪の監督に就任し、J2降格1年目で優勝を飾り、J1復帰を決める。

翌2014年は、J1昇格1年目のチームとして初の、

J1リーグ、天皇杯、Jリーグ杯の3冠を達成。

2015年は天皇杯を連覇し、Jリーグ杯は準優勝。

元、日本代表のFW(右ウイング)

ヴァヒド・ハリルホジッチ監督

欧州やアフリカで監督としての実績を残し、2015年より日本代表の監督に就任。

現役時代は旧ユーゴスラビア代表のFWとして1982年スペインW杯に出場。

マリオ・ザガロ監督

母国ブラジル代表の監督として、1970年メキシコW杯、1994年アメリカW杯を制覇。

1998年フランスW杯は準優勝。

選手時代はブラジル代表のFW(左ウイング)として、

1958年スウェーデンW杯、1962年チリW杯を連続優勝している。

MF(ミッドフィールダー)

森保一監督

2012年にサンフレッチェ広島の監督に就任後、4年間で3度J1リーグを制覇。

元、日本代表の守備的MFで、日本のボランチの先駆者。

カルロ・アンチェロッティ監督

欧州のビッグクラブの監督を歴任。

ACミランで2度、レアルマドリードで1度、UEFAチャピオンズリーグを制覇。

FIFAクラブW杯も両チームで1度ずつ制覇。

元、イタリア代表のMFとして、1990年イタリアW杯で3位。

ジョゼップ・グアルディオラ監督

FCバルセロナの監督に就任後、スペインリーグを3連覇。

その後、監督に就いたバイエルン・ミュンヘンでも、

ブンデスリーガを2連覇した、優勝請負人。

スペイン代表のMFとして、1994年アメリカW杯でベスト8。

DF(ディフェンダー)

岡田武史監督

W杯に2度日本代表を率いた唯一の監督。

2010年南アフリカW杯では、自国開催以外で初のベスト16入り。

横浜Fマリノスの監督としても、2003年、2004年のJ1リーグを連続制覇。

元、日本代表のDF(センターバック)

ネルシーニョ・バプティスタ監督

母国ブラジルでは、有名クラブの監督を歴任。

日本のJリーグでは、

1995年にヴェルディ川崎(現東京ヴェルディ)監督としてステージ優勝。

2011年~2014年にかけて、柏レイソルを率いて、

J2リーグ優勝、J1リーグ優勝、天皇杯優勝、Jリーグ杯優勝と4年連続でタイトルを獲得。

選手時代はDF(右サイドバック)としてブラジル国内リーグで15年に渡って活躍。

フランツ・ベッケンバウアー監督

旧西ドイツ代表チームを率いて、1990年イタリアW杯で優勝。

マリオ・ザガロ氏以来2人目の、選手と監督の両方でのW杯優勝経験者となる。

元、西ドイツ代表のDF(攻撃的スイーパー)として、1974年西ドイツW杯制覇。

世界に“リベロ”というポジションを確立して、“皇帝”と称された名選手。

いかがでしょう? このようにして見ていくと、

現役時代のポジションがたとえどこであっても

監督としての資質がある人なら、名監督になれる!…と思えてきますよね。

ただし、元GK(ゴールキーパー)の人だけは、例外なのかもしれませんが!

サッカーの監督としての成功と現役時代のポジションとの関係!
最後までお読み頂き、ありがとうございました!
良ければSoccer-dribblerの最新情報を、 いいねしてチェック!

スポンサーリンク

サッカーが大好きな壮年男子。 高校時代の3年間はサッカーを経験。 その後も約15年間、体が動く間は、草サッカーチームを作って市民大会に出場。 日本でJリーグが始まり、以降国内海外問わず、 サッカー観戦が大の楽しみになって現在に至る。

関連記事はこちら!