雨の日に泥で汚れたサッカーボールの洗い方とボールの手入れの仕方!

スポンサーリンク

サッカーは全天候型のスポーツです。

当然、雨でも普段通りに試合はあるし、泥に汚れることだって度々あります。

そんな雨の日の試合の後、泥で汚れたボールを家に持って帰って、

「これ、どうしようか…」と思ったこと、ありませんか?

の日に使って濡れてしまったサッカーボールお手入れの仕方

どのようにしたら良いのでしょうか

泥汚れは、を使って洗ってしまっても良いのでしょうか

何か特別な洗い方があるのでしょうか

今回はサッカーボールのお手入れの仕方や、保管方法について説明します!

スポンサーリンク

サッカーボールは使う度に必ずきれいにしてあげよう!

サッカーボールは、

土や芝にまみれながら、大勢の人に蹴り飛ばされてしまう、

とてもハードな扱いをされるツールです。

でも、サッカーをするためには、無くてはならない大切なツールです!

せめて、使った後はきれいにしてあげて、

次に使う時まで、ゆっくりと休ませてあげましょう。

昔、サッカーの縫いボールは天然皮革で作られていたので、

長く使うためには手入れが欠かせませんでした。

今のサッカーボールは、子ども用のゴム製のボールのほかは、

ほぼ全てが人工皮革で作られている物なので

特別な手入れは必要ありません

それでも、ボールを長く使おうと思ったら、

汚れはこまめに落としあげて、きれいな状態で大事に使ってあげましょう

乾いているボールの汚れはクリーナーを使って落とそう!

乾いたピッチで使って、

土汚れなどがついてしまったボールは、

まず、固く絞った雑巾で表面についた芝や土を拭き取りましょう。

縫いボールの場合は、

ボール表面の皮革パネルの継ぎ目土や砂が挟まっているので、

使い古しの歯ブラシなどを使って取り除きましょう。

土や砂が落とせたら、ボール表面についた汚れ

クリーナーを使って落とします

人工皮革のボールの場合、人工皮革用のクリーナー

ボールメーカーから販売されているので、それを使いましょう。

クリーナーは、よく振ってからスプレーでボールに直接吹き付けます。

そして、ボール表面に付いた泡を、

付属のスポンジで軽く回すように磨いてから、

柔らかい布で汚れと一緒に拭き取っていきます。

最後に、クリーナーの拭き残しが無いように、

しっかりときれいな乾いた布で拭き上げましょう

表面の皮革がしっとりとした感じになり、光沢が出ると思います!

雨の日に泥で汚れたボールの洗い方!

では、雨の日に、濡れたピッチで使って、泥でひどく汚れたボールは、

どうやってお手入れをしたら良いのでしょう。

今の人工皮革製のサッカーボールは、ある程度水には強くなっています。

それでもやはり、水に濡れたままにしてしまうと変形や劣化の原因になります。

濡れて汚れてしまったボールは、

できるだけ早くきれいにして、乾かしてあげましょう

まず、の汚れを落とします

ボールに付いた泥の汚れを落とすのに、

ジャブジャブと思い切り水をかけながら洗うのは、できるだけ控えます。

雑巾を水で濡らして、拭い取るようにしながらを落としていきます。

そして泥がひと通り落とせたら、乾いた布をボールの表面に当てて、

水分をできるだけ吸い取ってあげます

水分を吸ったボールは陰干しでゆっくりと乾かそう!

そのあとは、風通しの良い日陰にボールを置いて

ゆっくりと乾かしてあげましょう

直射日光の下で干したり、ドライヤーを当てたりして乾かすのは厳禁です!

ボールの表面には摩耗に強いポリウレタンが使われていますが、

紫外線や熱には弱いので、

劣化が早く進んで黄ばんだりひび割れたりしてしまいます。

ボールの皮革パネルの内部にまで浸入した水分を、

すっかり乾かすためには時間がかかります

できるだけ、2個以上のボールを使い回して、

濡れてしまったボールは完全に乾くまで休ませてあげましょう。

ボールの陰干しをし終えて、すっかり乾き上がったら

前述の要領で、クリーナーを使って染みついた汚れを落としてあげましょう

サッカーボールは保管の仕方次第で長持ちする!

サッカーボールの表面の人工皮革に使われているポリウレタンは、

“加水分解”という現象によって、

使わないで置いておくだけでも数年経つと劣化が始まることがあります。

劣化が生じるのをできるだけ遅らせるためには、

使っていない時の保管方法が重要です。

高温多湿の場所や、直射日光が当たる場所は最も劣化が進みやすいので、

ベランダの物置や車の中に入れっぱなしにするのは厳禁です。

ビニール袋に入れて密封しておくのも同様にNGです!

通気性が良くて、日が当たらず高温にならない場所に置いて保管しましょう

「しばらく使わないから」と、段ボールや押し入れに入れておく場合は、

定期的に出して風通しの良い所で陰干しをしてあげてください。

また、保管しておく時は

ボールの空気を一杯に入れたままにしたり、思い切り抜いたりせずに、

軽く抜いて外気と同じ空気圧くらいにしておくと、

変形や膨張が生じにくくなり、次に使う時に使いやすいですよ!

雨の日に泥で汚れたサッカーボールの洗い方とボールの手入れの仕方!
最後までお読み頂き、ありがとうございました!
良ければSoccer-dribblerの最新情報を、 いいねしてチェック!

スポンサーリンク

サッカーが大好きな壮年男子。 高校時代の3年間はサッカーを経験。 その後も約15年間、体が動く間は、草サッカーチームを作って市民大会に出場。 日本でJリーグが始まり、以降国内海外問わず、 サッカー観戦が大の楽しみになって現在に至る。

関連記事はこちら!