バルブから空気が抜けるサッカーボールは修理をすれば直る!

スポンサーリンク

昨日、空気をしっかり入れたばかりのサッカーボールなのに、

今朝触ってみたら、もうペコペコに空気が抜けてしまっていて、

『どうやらどこからか空気が漏れているにちがいない…』という経験、

ありませんでしたか?

サッカーボール空気抜けるは、

どのように対処したら良いのでしょう

自分で直す方法はあるのでしょうか

サッカーボールのバルブの部分からの空気漏れの場合は、

バルブ交換することはできるのでしょうか

もし修理を頼んでやってもらうとしたら、どこに頼めば良いのでしょう

また、費用はいくらくらいでやってもらえるのでしょうか

スポンサーリンク

サッカーボールの空気漏れは自分で直せる!

サッカーボールを頻繁に激しく使っていると、

ある時突然、空気が抜けてしまって使えなくなることは、

珍しいことではありません。

有刺鉄線のような硬くて尖っている物にぶつけてしまうなどして、

ボールに穴が開いてしまい、

空気を入れても全く膨らまないような“パンク”状態の場合は、

残念ながら修理は難しいかと思います。

しかし、空気を入れるといったんはボールが膨らみ

少し時間が経つと空気が抜けて、

ボールが柔らかくなってしまう…という程度の空気漏れでしたら

自分でも直すことが可能です

最初に空気漏れの場所を確認しよう!

空気が抜けるボールを自分で直そうとする場合は、

まず初めに、どこから空気が漏れているのかを確認しなければなりません。

空気入れでボールに空気をしっかりと入れてから、

大きなバケツや浴槽などに溜めた水の中に

ボールを手で持って沈めてみます

最初は、ボールの表面の皮革パネルの繋ぎ目から、

空気の泡が出てくると思いますが、

それは、皮革パネルの内側とチューブとの間に隙間があって、

そこに入っていた空気が出てくるためです。

しばらく経っても、継続して空気の泡が出続ける箇所があったら

そこが空気漏れの箇所です

ボール表面の皮革パネルから泡が出続けている時は、

内部のチューブのその箇所に、小さな穴が開いていることが考えられます。

また、ボールの空気入れバルブの中央部分から泡が出続けている時は、

バルブの空気注入口に傷がついてしまって、

空気が漏れてしまっていると思われます。

チューブの穴はパンク修理材で直そう!

ボール内部のチューブに小さな穴が開いている空気漏れの場合は、

スプレー式のボール用パンク修理材を使って直します。

パンク修理材は、

複数のボールメーカーから内容量の異なるものが販売されていて、

値段は千円くらいのものから在ります。

バルブから空気が抜けるサッカーボールは修理をすれば直る!01

amazon_button

ボールに7~8割くらい空気を入れた状態にして、

ボールのバルブの部分から、よく振ったスプレー式パンク修理材の中のガスを

5~6秒間ボール内部に注入します。

それから、ボールに満杯になるよう空気を入れ足して、

10回くらいボールをバウンドさせて、ボールの内部のガスを撹拌させます。

その後、ボールを、穴が開いている箇所が下になるように置いて

動かないようにして約1時間、放置しておきます。

待った後、ボールの空気が抜けていないか確認してみて、

空気漏れが直っていれば、修理完了です!

バルブからの空気漏れはバルブ交換をして直そう!

バルブから空気が漏れている場合は、

バルブを新しいものに交換する必要があります。

サッカーボールの交換用バルブや、バルブ交換に必要な専用器具類は、

ボールメーカーから販売されていますが、

これらの修理ツールをセットで一式購入するには、

新品のボールが一つ買えるくらいの金額がかかります。

バルブも、一人で使うには使いきれないくらいの数がセットに入っています。

もし可能でしたら、所属しているサッカークラブで購入してもらって、

みんなで共用して使うことができたら良いと思います。

バルブ交換の作業の流れ

バルブ交換の作業の流れは、次のようなものです。

まず、バルブ取替具(バルブを取り出す器具)の先を

ボールのバルブの中央の穴に入れて、

奥の方まで押し込んでから、斜めにねじりながらゆっくりと引き、

バルブをボールの内部から取り出します。

次に、そのボールに合った新品のバルブに、石けん水などを付けてから、

バルブ入れ具(バルブを差し込む器具)の先にはめ込み

そのバルブ入れ具を使って、ボールのバルブが入っていた穴に

新品のバルブを強くねじ込んで押し入れます。

バルブがしっかりと入ったら、そのバルブからボールに空気を一杯に入れて、

24時間くらい放置します。

その後、空気が抜けていなかったら、修理完成です。

バルブには異なる種類のものがあるので、

必ず、ボールに付いていたバルブと同じ種類のものを使いましょう!

ボールの修理はメーカーに頼むこともできる!

ここまで読んでいただいて、

「やっぱり自分で空気漏れを直すのは無理そうだな…」と思った方は、

あえて自分でやらなくても、

ボールを買ったショップに持ち込めば、修理を頼むことができると思います。

ボールメーカーのモルテン、自社製のボールに限ってですが、

パンク修理材の注入と、バルブ交換で直せるボールの修理を

有償で受け付けて対応しています

モルテンのブランドのボールでなくても、

アディダスのボールでしたら、実はモルテンが製造している製品が多いので、

ショップに頼めば同様に修理ができるかもしれません。

お店の人に聞いてみましょう。

修理の費用は、千円+送料+消費税くらいで済むと思います。

自分で必要なものを買いそろえて、手間とリスクをかけて修理するよりも、

ショップに持ち込んで頼んだ方が、安くて簡単に直せるかもしれませんね!

バルブから空気が抜けるサッカーボールは修理をすれば直る!
最後までお読み頂き、ありがとうございました!
良ければSoccer-dribblerの最新情報を、 いいねしてチェック!

スポンサーリンク

サッカーが大好きな壮年男子。 高校時代の3年間はサッカーを経験。 その後も約15年間、体が動く間は、草サッカーチームを作って市民大会に出場。 日本でJリーグが始まり、以降国内海外問わず、 サッカー観戦が大の楽しみになって現在に至る。

関連記事はこちら!