【サッカースパイクの選び方】ポジションや人工芝での使用も考えよう!

スポンサーリンク

サッカーショップに行くと、本当に沢山の種類のスパイクがありますよね。

メーカーが違えば当然スパイクも違いますが、

同じメーカーの同サイズのものでも、

靴底についている突起の形や数、

足を覆うアッパー部分の素材など、一つ一つが違うので、

どれが自分に一番合うスパイクなのか、選ぶのに困ってしまいますよね。

初心者がスパイクを選ぶ時は、

どのようなタイプのものを選んだら良いのでしょう

ポジションによって、スパイクの選び方は変わってくるのでしょうか

例えば、ゴールキーパー専用のサッカースパイクもあるのでしょうか?

そして、ジュニア用のスパイクは、

大人用のスパイクとどのように違うのでしょうか

スポンサーリンク

自分がサッカーをするグラウンドに合うスパイクを選ぼう!

サッカーのスパイクの選び方として最も大切なことは、

自分の足に合う大きさや形状のものを、

何足も試着した中から見つけ出すことです。

しかし、足に合えばどんなスパイクでも良いのかというと、そうではありません。

サッカーのスパイクは、急なダッシュやターンの際においても、

選手が足を滑らせることなくプレーすることができるようにするツールです。

その目的を果たすために、

スパイクのメーカーは、

使用されるピッチの状態に応じた異なる製品を作って販売しています

ですから本当は、

サッカーをするピッチの状態ごとに

それに最も適したスパイクに履き替えることがベストなのです。

プロのサッカー選手などは実際にそのようにしています。

しかし、高価なスパイクを何足も買って使い分けることは、

一般のサッカー愛好家には経済的になかなかできませんよね。

ですから、自分が一番多くサッカーをするグラウンドの

ピッチ状態に合うスパイクを選ぶことが、最も良い選び方だと思います!

初心者は固定式で丸型スタッドのスパイクを選ぼう!

サッカースパイクのソール(靴底)のスタッドは、

大きく分けて固定式のものと取替式のものに分かれます。

また、スタッドの形状は、

その断面が丸いもの、細長いブレード状のもの、

鍵状の形になっているものなど色々あります。

もしあなたがまだサッカー初心者の場合は、

固定式で丸い形状のスタッドが多めに付いているソールの

スパイクを選ぶことをお勧めします!

固定式スタッドのスパイクは、

固い土でも、軟らかい土でも、天然芝でも、

幅広いピッチの状態で使うことができます

固定式スタッドでスタッドの数が多いと、

接地面が増えて、足にかかる負荷がその分少なくなり、

スパイクを履いたことによって生じる怪我のリスクを少なくできます。

また、丸い形状のスタッドは、

前後左右どちらの方向に対しても同じように力を受け止めるので、

あらゆる動きに対してニュートラルに滑り止めの機能を果たします。

そうした点で、初心者にとっては最も適切な選択肢だと思います!

人工芝で使う場合は必ず人工芝用のスパイクを選ぼう!

足を覆うアッパー部分の素材は、

初心者の場合は手入れの簡単な人工皮革のものを選ぶのが無難です。

もし日常の手入れをするのが面倒でなければ、

安い価格の製品もあって耐久性にも優れている、

天然皮革の牛革のスパイクを選んでも良いと思います。

サッカーが徐々に上達して、

最初に買ったスパイクの仕様では物足りなくなってきたら、

自分のスキルやピッチの状態に応じて、

より機能的に優れたソールやアッパー素材のスパイクを

選ぶようにしていけば良いと思います。

ただ、もし人工芝のピッチでプレーをする場合は

ショップの店員さんにきちんとそのことを話して、

人工芝に合ったスパイクを選ぶようにしてください。

普通のスパイクを履いて人工芝のピッチでプレーをすると

スタッドが食い込みやすく、また引っかかりやすいため、

足にかかる負荷が非常に大きくなって怪我をしてしまうのです。

一般に人工芝の場合、細くて短いスタッドが、

数多くソールに付いているスパイクが向いていると思います。

芝の長さが短いカーペットのような人工芝の場合は

スパイクではなくトレーニングシューズの方が適していることもありますので、

ショップの人に相談してみましょう!

自分のポジションに合ったスパイクも選ぶことができる!

スパイクメーカーは近年、

非常に組織的になったサッカーの進化と、

ポジションごとに選手の果たす役割が明確になってきたことに適応するため、

スパイクを履く選手がどんなプレーヤーかを想定して、

そのプレーのタイプに応じて最も能力が発揮しやすくなるような製品

開発して、販売するようになってきました。

相手を振り切るスピード重視のフォワードタイプの選手、

ボールコントロールを重視するミッドフィールダータイプの選手、

常に走り続けて相手と激しくマッチアップするハードワークをする選手、

相手の動きに対して瞬間的な反応をしなければならないディフェンダータイプの選手…。

そうしたポジションや

自分の最も得意とするプレーに合うスパイクを選ぶことも可能なのです!

つま先の裏の部分に鍵状のスタッドが数多く付けられている、

ゴールキーパー専用のスパイクまで販売されています。

年配のオールドプレーヤー達にとっては、

今のスパイクの製品の品揃えは、

昔ではとても考えられなかった充実ぶりですよね…。

子どものスパイクはジュニア用の製品から選ぼう!

ジュニア用のスパイクは、

大人と違って足がまだ成長段階にある子どもでも

怪我がしにくいよう、足にかかる負担が少なくなるように作られています

大人用のスパイクでは、スタッドの材質は

ソールと同じ固いナイロン樹脂や、金属で作られていますが、

ジュニア用のスパイクのスタッドは、弾力のある樹脂で作られていたりします。

また、スタッドの数も大人用のスパイクよりも多い数になっています。

いずれも、ピッチを踏みしめた時に足にかかる負荷が小さくなるように、

考えて作られたものです。

また、足を覆うアッパー部分も

衝撃を吸収するクッション素材が入ったものなど、

より怪我がしにくいような製品が作られています。

子どもは、

自分の憧れているカッコいいプロのスター選手が履いているスパイクと

同じような製品を履きたがるかもしれませんが、

怪我によって大好きなサッカーができなくなってしまうことがないように、

きちんと話をして納得させて、

ジュニア用の製品の中から、一番足に合うスパイクを選ぶようにしてあげましょう。

それがきっと、子どもの上達への最短の近道になりますよ!

【サッカースパイクの選び方】ポジションや人工芝での使用も考えよう!
最後までお読み頂き、ありがとうございました!
良ければSoccer-dribblerの最新情報を、 いいねしてチェック!

スポンサーリンク

サッカーが大好きな壮年男子。 高校時代の3年間はサッカーを経験。 その後も約15年間、体が動く間は、草サッカーチームを作って市民大会に出場。 日本でJリーグが始まり、以降国内海外問わず、 サッカー観戦が大の楽しみになって現在に至る。

関連記事はこちら!