サッカーのポジション~“インサイドハーフ”は攻撃の中心を担うMF!

スポンサーリンク

サッカーで、“インサイドハーフ”というポジションの名前を、

聞いたことがあるでしょうか?

私も、ここ数年の間に耳にするようになった、比較的新しい言葉だと思います。

インサイドハーフとは、どんな役割をするポジションなのでしょうか

また、インサイドハーフに求められる能力とは、どのようなものなのでしょうか

そして、代表的なインサイドハーフの選手には、どんな選手がいるのでしょう

スポンサーリンク

“インサイドハーフ”とは4-3-3システムの攻撃的MFを指す!

長いサッカーの歴史の中で、

歴戦の名監督達は、チームの所属選手の特長を生かしながら

どんなサッカーをすれば勝利することができるかを熟考して、

これまでに様々なフォーメーションを生み出してきました。

現在、いくつもの世界の強豪チームが採用している

DF(ディフェンス)4人

MF(ミッドフィールダー)3人

FW(フォワード)3人、として配置する

攻撃的な布陣である“4-3-3システム”も、

そうしたフォーメーションの一つです。

「4-3-3なんて、昔からあるシステムじゃないか…」

と言われる方も多いと思いますが、その通りです。

その古くからあった4-3-3システムが

長く主流だったツートップやワントップの布陣に対抗して、

現在、世界のサッカー界で再び復権しているのです!

今、多く用いられている4-3-3のシステムでは、

MFを前方に2人、後方に1人というふうに、

相手ゴールに向かって逆三角形に配置します。

ポジションの呼び名は、国によっても言う人によっても様々ですが、

この3人のMFの中で攻撃的なポジションにいる2人の選手のことを

“インサイドハーフ”と呼んでいます

インサイドハーフの役割はトップ下兼センターハーフ!

この4-3-3のシステムでは、

後方にいるMF“アンカー”と呼ぶことが多いのですが、

3-5-2システムにおける超守備的なMFである“アンカー”と違って、

守備を主体にしつつ攻撃の起点となる役割もこなす、

“ワンボランチ”的なポジションになります。

そして、その前方に位置する2人の“インサイドハーフ”

最前線のCF(センターフォワード)と左右のFWであるウイングの選手と共に

攻撃の中心を担います

インサイドハーフは、ボールを受けるとドリブルをしたり、

互いにパスを繋いだりしながら敵陣へ攻め込み、攻撃を仕掛けます。

パスを両サイドのウイングに配給し、

上がってきたSB(サイドバック)の選手とも連携して敵のサイドを崩します。

隙あらば、CFへスルーパスを出し、

ワンツーを使って自らも前線に飛び出して行きます。

シュートコースがあれば、ミドルシュートでゴールを狙うこともあります。

まるで、トップ下の選手が2人いるような

超攻撃的布陣を形作るのがインサイドハーフです

一方、相手にボールを奪われた時には、

自陣まで長い距離を走って戻り、守備もします

フィールドの中盤で敵選手にプレッシングを仕掛け

ウイングやアンカーの選手と連携しながらパスコースを塞ぎ

相手を囲い込んでボールの奪取をはかります。

チームの攻守のバランスを取る、センターハーフの役割も担っているのです!

インサイドハーフに必要な能力とは!

インサイドハーフ最も必要な能力

フィールドの中央でも周りの全方向の状況を常に把握できる広い視野

相手のプレスが激しい中盤でもボールを奪われることなく

攻撃のタメを作れる高いボールキープ力です

インサイドハーフの選手がボールを持った瞬間、

味方の選手に攻撃のスイッチが入り、

チーム全体が連動して相手ゴールに向かって前方へ動き出すようになるためには、

インサイドハーフの選手が決してボールを奪われないことを皆が信じてプレーする、

強い信頼感をチームに与えるような能力が必要なのです!

また、相手の隙を素早く見つけて正確にパスを出せるパス能力や、

ミドルシュートでゴールを狙える強力なシュート力

敵のマークをかいくぐってゴール前に飛び出していく

俊敏さ(アジリティー)も求められます!

さらに、トップ下と違って守備の力も要求されるインサイドハーフには、

ボランチのようなボール奪取能力が必要ですし、

広いフィールドの中盤を前後左右に90分間走り続けられる、

高い持久力がなければなりません。

サッカー選手に必要な能力を、全て併せ持っていなければならないのが

インサイドハーフというポジションなのです

代表的なインサイドハーフの選手はこの人達!

世界でも最も優れているインサイドハーフの選手と言えば

スペイン代表として2010年南アフリカW杯で優勝を決める決勝ゴールを挙げ、

FCバルセロナでも3度の世界一に輝いている、

アンドレス・イニエスタ選手だと思います

所属クラブでも代表チームでも長くコンビを組んでいた

シャビ・エルナンデス選手との連携プレーは、速くて力強く

その卓越した個人技に美しささえ感じさせて

世界のサッカーにポゼッション・サッカーの旋風を巻き起こしました

そのほかにも、

コロンビア代表として2014年ブラジルW杯で日本代表を完膚なきまでに叩きのめして、

レアルマドリードでは10番を背負って活躍している、

ハメス・ロドリゲス選手

ドイツ代表として2010年W杯では得点王になり、

2014年W杯では優勝に貢献し、バイエルン・ミュンヘンで活躍し続けている、

トーマス・ミュラー選手など

サッカー界を担うスター選手がこのポジションに多くいます

日本代表香川真司選手

イングランドのマンチェスター・ユナイテッドから

ドイツのボルシア・ドルトムントに復帰後

このインサイドハーフのポジションで輝きを取り戻し

チームの中心選手として大活躍しています

今後、日本代表チームでのさらなる飛躍も、期待したいですよね!

サッカーのポジション~“インサイドハーフ”は攻撃の中心を担うMF!
最後までお読み頂き、ありがとうございました!
良ければSoccer-dribblerの最新情報を、 いいねしてチェック!

スポンサーリンク

サッカーが大好きな壮年男子。 高校時代の3年間はサッカーを経験。 その後も約15年間、体が動く間は、草サッカーチームを作って市民大会に出場。 日本でJリーグが始まり、以降国内海外問わず、 サッカー観戦が大の楽しみになって現在に至る。

関連記事はこちら!