【サッカースパイクの修理】ポイントが回らない時の対処方法!

スポンサーリンク

ポイント(スタッド)取り替え式のスパイクを使っていて、

いつの間にかポイントがすり減り過ぎていて、

交換しようと思ったら回らなくなってしまったことって、ありませんか?

そんな時に、ポイントをうまく取り外す方法はあるのでしょうか

自分で取り外せない時は、修理をしてもらうことができるのでしょうか

スポンサーリンク

取り替え式スパイクのポイントは早くすり減る!

天然芝や軟弱な土のグラウンドで使うために、

取り替え式のポイントが付いたスパイクを履いている人は、

ポイントのすり減るのが早いことに、驚いたことがあるのではないかと思います。

取り替え式のスパイクは、

軟らかいピッチにポイントをしっかり食い込ませてグリップを得るため、

固定式のスパイクのスタッドよりもポイントの本数が少なく、

また高さのある細目のポイントになっていることがほとんどです。

必然的に、1本のポイントにかかる力や摩擦が

固定式スパイクのスタッドの場合よりも大きくなるので、

その分摩耗も早くなるのです。

ですから、取り替え式のスパイクを使っている人は、

常にポイントのすり減り具合を確認して使うように心がけて、

ある程度すり減っていたら早めに交換するようにしなければいけません!

ポイントが回らなくなってしまった時の対処方法

そうは言っても、

少し油断している間にポイントが思った以上にすり減ってしまうと

いざポイントを交換しようと思った時には、

専用のポイントを回す道具を使っても回すことができずに、

ポイントが取り外せなくなってしまっている状況に陥ります。

そのような時、どうしたら良いでしょう?

もし、まだポイントがある程度は残っていて、

ペンチなどの工具の先で両側から挟んでつまむことが可能でしたら

かなり力が必要ですが、しっかりとその工具で挟んで回してみてください

私もやったことがありますが、

ペンチの先が滑らないでポイントに引っかかってさえいれば、

何とかポイントを回すことができて、取り外せるのではないかと思います。

ただ、とてもペンチの先では挟めず

滑ってしまって回せない場合は

無理をしても疲れてしまうだけなので、自力で取り外すのは潔く諦めましょう

自力でポイントを取り外せない時はショップに相談しよう!

自分ではどうしようもなくなった時は、

そのスパイクを購入したショップに持って行って

ポイントを外してもらえないか相談してみましょう

ショップによっては

そうしたケースの対応にも慣れているスタッフがいるので、

アフターサービスとして、

作業代は無料で応じてくれることもあるのではないかと思います。

購入したショップに持ち込んでも、対応ができないと言われてしまった場合は、

スパイクの修理やメンテナンスを

有料のサービスとして受けてくれるショップがあるので、

探して連絡を取ってみましょう。

私が、すり減ったポイントのスパイクをお店に持ち込んだ時は、

スタッフの人が残っているポイントを細いヤスリのような工具で削って溝を付け

そこにドライバーを差し込んで回して取り外してくれました

「やっぱり、専門家はさすがだ!」と思いましたね。

ショップで対応ができない時はメーカーに依頼してもらう

ショップのスタッフでもどうにもできないくらいに

ポイントがすり減ってしまっていた場合には、

メーカーに戻して修理の対応ができないかを調べてもらいましょう。

もし、メーカーでの修理が可能でしたら

費用と日数がかかるとは思いますが、

そのスパイクをしばらく預けて、ポイントの交換をしてもらいましょう

しかし、メーカーによっては、修理を受け付けていないこともあります

もし、そうなったら…大変残念ですが、

諦めて新しいスパイクを購入するしかありません!

取り替え式のスパイクは、

まめにポイントを交換することを前提として作られています。

まだ、使い始めてそれほど経っていなくて、

アッパー部分も、ポイント以外のアウトソール部分もキレイなのに、

ポイントがすり減ってしまっただけで、新しいスパイクに買い替えなければならない…。

そんなことが起きないように、

スパイクのポイントはできるだけ早めに、タイミング良く交換をして、

大事なスパイクを長く使ってあげられるように気を付けましょう!

【サッカースパイクの修理】ポイントが回らない時の対処方法!
最後までお読み頂き、ありがとうございました!
良ければSoccer-dribblerの最新情報を、 いいねしてチェック!

スポンサーリンク

サッカーが大好きな壮年男子。 高校時代の3年間はサッカーを経験。 その後も約15年間、体が動く間は、草サッカーチームを作って市民大会に出場。 日本でJリーグが始まり、以降国内海外問わず、 サッカー観戦が大の楽しみになって現在に至る。

関連記事はこちら!